中日写真協会 小牧支部

People who enjoy pictures

MENU
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171543
20200809165803
20200523205639
20200523205628
20200523205624

水平と鉛直

写真の基本的な要素として、水平や鉛直の線を意識しておく必要があります。

意図的に水平や鉛直の線を崩す場合を除いて、これらが傾いていると不安定さが出てしまいますが、意外とこれに気付いてない方もいます。

とても良い作品なのに、水平が傾いていて惜しい…、ということがよくあります。

対策は、フレーミングをする際、水平と鉛直の線を強く意識することです。

外付けストロボ装着用のホットシューに付ける水準器もあると便利です。

なくて七癖で、自分の水平や鉛直に対する傾きの癖を知っておくと、この失敗をより少なくできるでしょう。