中日写真協会 小牧支部

People who enjoy pictures

MENU
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171543
20200809165803
20200523205639
20200523205628
20200523205624

親指AF

AF(オートフォーカス)は、シャッターボタンを半押しすると作動するよう、デフォルトで設定されています。

AF-Sモードでは、シャッターボタンを半押しするとAFが作動し、ピントが合うとシャッターが切れる仕組みになっています。これはピンボケ写真を出さないための工夫なのですが、鬱っとおしいこともあります。

例えば、ピントを合わせ構図を決めて、シャッターを半押しすると、再び、思わぬところへピント合わせをします。また、スポーツや野鳥撮影などで、シャッター半押しでピントを追い続けるのは、一つ間違うとシャッターが切れてしまうので、ストレスになります。

そこでお薦めなのが、親指AFです。

カメラの設定を、シャッターボタン半押しでのAF作動をOFFにし、カメラ背面にあるAFボタンを押すとAFが作動するように変更します。

AFは、カメラ背面にあるAFボタンを親指で押して作動させます。そのことから、「親指AF」といいます。

慣れると、「親指AF」はとても快適で、元には戻れません。