中日写真協会 小牧支部

People who enjoy pictures

MENU
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171520
20201003171543
20200809165803
20200523205639
20200523205628
20200523205624

目線の高さ

被写体に合わせて、カメラの目線(ポジション)の高さを意識することも大切です。

上から目線が拙いわけではありませんが、これだけでは表現の幅が限られてしまいます。

ヨチヨチ歩きの幼児とか、犬や猫など、小さくて低いものを撮るときに、被写体の目線に合わせてカメラを低くすることです。

幼児ならひざまづく程度で撮れますが、犬や猫などは、這いつくばらないと撮れません。

最近のカメラは、ライブビュー機能が付いていて、無理な姿勢でファインダーを覗かなくても撮れますが。

風景や建造物などでも、目線の高さを意識することが大切です。しかし、ややもすれば自分自身の目線の高さで撮りがちになります。

被写体に合わせて、最適な高さや場所にカメラを移動して撮ることも、自己中心からの脱却として、大切なことでしょう。